WALTZ

カテゴリ:azimuts( 59 )

謝謝!!

今までこちらのBlogをご覧頂きましてありがとうございます。

この度立ち上げたデザイン事務所のBlogに統合することとなります。


20代の内に出会って来た様々な事柄にこれからへの種があり、

本当に本当に色々なことがありました。

でも今このようにご報告ができることがとても嬉しいです、

携わって頂いた皆さんに感謝。


ではでは今後とも宜しくお願いします。


ホームページ『 http://4848siesie.com/

Blog 『 http://4848siesie.tumblr.com/


from YUTA
[PR]
by kingyoyuta | 2012-03-03 21:15 | azimuts

そろそろです


d0086900_1032298.jpg


そろそろです。

昨年末から時間をかけ、色んな人と出会い

色んな場所をもうけ、色んな話をしてきました。


20代触れて来た全てにこれからやろうとすることの芽があるということを

気づかせてくれた人もいました。

叱咤激励話し合える仲間もいました。

失敗も成功も全部自分だからと言い合える人がいました。

いつまでも変わらず話せる友がいました。


数えきれない出会いから一つの自分の場所がもうすぐできます。

20代後半と30代の時間の中には多くの夢があります。

どうぞお楽しみに、そしてこれからもおつきあい宜しくお願いします。


謝々


from YUTA
[PR]
by kingyoyuta | 2012-02-08 10:33 | azimuts

_雫_


d0086900_10292670.jpg



気付けば北海道は秋色一色に近づいてきました。

寒空の中、昨晩は今進行中の個人プロジェクトのミーティング

今回は限られた空間の中にとても印象的なオブジェを配置しようと。


d0086900_1038182.jpg



『佐々木 秀明 作 _雫_』


実はこの方僕の恩師の1人です、偶然にもオーナーが気に行ってる作品があると話があり

見てみると、、、、あれ先生の作品、みたいな。

昨日は佐々木先生が個展を行っていたのでアポを取り久しぶりの再会兼打合せ。

僕からすると懐かしいという感じもありました、

作品は過去にも拝見していますし活動を見ていたので。

でも、今回会ってみると細かなマイナーチェンジが繰り返されていました。


北海道立釧路美術館で本年開催された同氏の展覧会に際して色々な変化。

真鍮やアルミ、セラミックに、細かいディティール。

釧路美術館では舞踏家などが、揺れる作品の間などを幻想的に踊っていたことなど

とても面白く語ってくれました。素敵です。


作家さんとの仕事は難しいなぁと思うところもありますが、とても楽しい。

結局はその人間を写す作品なんだと思います。

『自分は商売っ気がないからダメなんだ』と、嘆いてもいましたが

そんな物腰の柔らかさと熊さんみたいな風貌がいいですし、

『釧路の展覧会で疲れ果てて休みたい』とかも愚痴ってました、、、。


作家さんは感覚の生き物ですね。


昨日から開催しておりますので是非見て感じて下さい。


『佐々木秀明展』

2011.10.18(火) ~ 30(日)
at TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
札幌市中央区南9条西3丁目2-1
マジソンハイツ 1F

10.28(金)にはSALA(SAPPORO ART LABO)の
レキチャ―プログラムも開催されます。
先生にお会いできますので是非。


d0086900_10532825.jpg
d0086900_10533450.jpg




from YUTA
[PR]
by kingyoyuta | 2011-10-19 10:54 | azimuts

もう少し


d0086900_17214641.jpg


もう少しもう少し

もう扉を開くあと一歩ってとこまで来ている、

もう少ししたら回答が出るので少々お待ちを。


ただ、こんなにワクワクしたことはありません、

今やろうと考えていることは少し面白いベクトルで

ものごとを捉えて仕事にしようということ。

デザイン全体とか商業とかそういうくくりは無しだし、

札幌の中で背比べ合っこをすることなんて考えてないの。

そしてこれからの数年後にはきっと面白いことなる種をまこうと思う。


時間の中で一番幸せなのは、自分自身が楽しいことに夢中になることだよね


ふふふ。


from YUTA
[PR]
by kingyoyuta | 2011-10-18 17:23 | azimuts

問いと回答



d0086900_17152443.jpg



もうすっかり秋めいて、この季節好きですなぁ。


そしてもうすぐ10月です、

急な御報告ですが

この度 今現在携わっているプロジェクトを最後に1人で独立することにしました。

大変です、食べていけるか、家賃は払えるか人生の分岐点です。

これはほんとうに悩みました、、。



人生の中で何をベースに、いや芯に考えて生きていくのかと悶々自問自答。

組織に属してインハウスデザイナーとして生きていくのも一つの道、

非属の人間になっていくのも道です。

ただ一生が見えるレールなんてないので、いつかはまた同じ問答が生まれるでしょう。

レールが見えても乗らないかもしれませんしね。

そしてどっちの道も選べるし、どっちの道も正解とは言い切れないでしょう。

ただ、どっちにするか悩んでいるままでは時間ばかり過ぎていきます。


言いたいのは『判断の尊さ』


これは僕の尊敬する人が語っていたコトバで、頷いてしまいました。

右往するなら右へ、左往するなら左へ

様々な状況で人は判断をしなければなりません。

仕事でも気になるあの子への告白でも今日食べるご飯でも、

判断に対しての尊さもあるでしょう、見えないものですが

そんな尊さが僕を前へ進めた一つであるのには変わりありません。


自分を小さなリーダーに見立て信じて進んでみます。



そして僕は、非属の人間になることと決めたのです。



そこにあるのはやはり自分のやりたいデザインへの初期衝動、

問いと回答のギャップが大きくずれが生じ解が得られなくなってきました。


写真は巴里のアラブ世界研究所、まだ若い時にここで建築に施された

ファインダーを見ました、この時のワクワク感懐かしい。


ジャンヌーベルによるコンセプトは

『見えるモノの先に在るモノを見る必要がある』

気付けばずっと同じコトを考え今まで続けていたのだと思いました。



今回は『問いの回』

次回は『回答の回』でアップします。



from YUTA
[PR]
by kingyoyuta | 2011-09-27 17:36 | azimuts

ダンス・コンテンポランヌ


d0086900_9445450.png



昨晩昔からの友人の踊りを見てきた、そう何も言わずにサラッと。


彼女の踊りを過去にも見たことはあるけど、それは遠く高い客席からで

何人もの人に溢れる中、個性を光らせていたのは覚えている。

でも昨日は舞台から近っ、おいおいおいってくらい近いというか ここもう舞台の上だしみたいな。


彼女の踊りは『コンテンポラリーダンス』、

ダンスって近くで見たらどこ見たらいいのかわからない、顔?身体?手?脚?

芸術や絵画は引いて見ろと昔言われたことがある、自分のレンジで全体を把握し

その中にある何かを見出すのかと。

そんなこと考えながら見ている、狭くて視線引けない中 小さな舞台で流れる髪、たなびく服のしわ

ダウンライトに照らされる細く長い手、身体の動き一つ一つに目が追われていき飲み込まれた。


他にも踊っている人はいたけど、正直あまり興味なしでごめん。

ヒップホップやホニャララなダンスの型は僕には同じ繰り返しに見えてわからん、

でもコンテンポラリーは面白い。

確かに文化的な知識やバックボーンがあるには越したことがない、

それはデザインでもなんでも同じ、

自分の大きな支えになったり助けてくれることもある。

でも実際に表現する人にしたらそんなボーダーやバックボーンなんて関係ないんだよね。

型の組み合わせもいいけど、一から生まれる、

作るのではなくて探し出してる形

それがコンテンポラリーを踊る彼女に感じられたよ。

あんな表情見たことなかったし、あんないい顔久しぶりに見たよ。


良いモノを見て良いモノに触れるのは確かにいいけど、

触れ方にもコツとミソが必要ですな。


from YUTA
[PR]
by kingyoyuta | 2011-09-08 10:29 | azimuts

空蝉

d0086900_176496.jpg



忙しい日が続き最近は外食かレトルト的な食事ばかり。

夏あたりから気付けば自炊回数は減り、冷蔵庫は閑散閑古鳥

ビールと納豆くらいしか入っていない。

まだ頭と冷蔵庫は夏のままだ


これから秋になって寒くなれば欲しくなってくる食べ物も変わるだろう

旬の素材に呼ばれるようにホクホクと脂肪がついていくだろう。

でも疲労と考え事がある時は特に人の作ったご飯が食べたい、

人の作ったご飯のほうが頭がゆっくりできて、なんか心に効く。


そんな生活、なんか空蝉(うつせみ)のよう。

カタチある物は空の容れ物であり中身には目には見えない魂が入っていて、

それが輪廻をぐるぐると転生してこの世をつなげている。

そう昔は考えられていたそうだ、でも蝉の抜け殻からまた新しい蝉が

生まれるわけだ心と同時に。身体が欲するものと心が欲するもの。


うむ、夏の抜け殻をおいて秋にシフト

そろそろ来る初秋を楽しもう


photo from:MUJI AWORD 01【抜け殻】



from YUTA
[PR]
by kingyoyuta | 2011-09-02 17:08 | azimuts

手を動かすということ


d0086900_17501215.jpg


最近の若い人は...なんてよく聞くけど、少なくともモノをつくる上で

字が汚い人、全てPCにお任せな人、手を動かさない人を僕は信じません。

結構偏っているかもしれないけど、そう思う。


図面一つ描くのに頭からCADで作図して...ちょっとちょっと!って。

自分の頭で思い描くカタチを紙に描いて何度も描き直して破ってまた直して、

それでやっとPCに手をかけるものかと。

PCや携帯やメールは確かに楽、でもたまに施工のおっちゃんや

人生の諸先輩達が描く図面やスケッチやFAXやら手紙の一枚まで

ほんと頷いてしまう。その人の個性や考えが線一本一本ににじみ出てる。


そういう物事の大切なとこを伝えることってのがほんとに疎かな時代、

『陰翳礼讃』的な感覚とはちょっと軸が違うけど、

今一度若いスタッフには自分の筆記用具を持つように言ってる。

自分の気に入ったペンでうまく表現できる線を描きなさいって、

今は専門学校でも初期からCAD講習なんかしてるけどそれって

語学学校で2年勉強して、実際役に立たずに留学して1カ月で

覚えてしまうようなもんと同じだよ。


と、最近思うこと。

つづく

from YUTA
[PR]
by kingyoyuta | 2011-08-24 17:51 | azimuts

なにげなく


日曜日の昼下がりはとても気持ちが良い

なにげなく円山公園へ行って

なにげなく自転車で遊び

なにげなくキャッチボールをして

なにげなくソフトクリームを食べる


d0086900_1931147.jpg


d0086900_1931791.jpg


d0086900_1952896.jpg


d0086900_1953544.jpg


d0086900_1954214.jpg


夏のソフトクリームはうまい



from YUTA
[PR]
by kingyoyuta | 2011-08-22 19:07 | azimuts

CELL

d0086900_9362980.jpg


本来行きたかった『PEDAL DAY 2011』にも行けず、日曜日の倶知安にも行けず残念。

でも、逆に他に行きたかったところへ足を運ぶ。



まずは、東京都現代美術館【MO+】

d0086900_932345.jpg


d0086900_9324497.jpg



ここでは『名和晃平 -シンセンス-』展へ、実はとても観たかった個展。

d0086900_9305152.jpg



↓以下公式HPより拝借(中略)

「Cell」という概念をもとに、先鋭的な彫刻・空間表現を展開する名和晃平(1975年生まれ)の個展。名和はビーズやプリズム、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなど流動的な素材・メディアを情報社会における感覚や思考のメタファーとして扱い、デジタルとアナログの間を揺れ動く身体と知覚、感性のリアリティを表現しています。本展では、国内外での多数の受賞・発表をふまえ、パラレルに姿を変える名和作品の根幹を各カテゴリーの方向性や相互の関係から探り、そこにかいま見える今後の姿を追求します。 BEADS / PRISM / LIQUID / GLUE / SCUM / DRAWINGなどのカテゴリーに新たな展開を加え、音楽やファッション、プロダクトデザイン領域とのコラボレーション、パブリックアート、プロジェクトチームによる制作などを通して、国際的に活躍する作品世界の魅力が紹介されます。
また、手法そのものの開発からスタートする表現スタイルなど、名和作品の多義的な創作のありかたを探ることによって、そのすぐれた造形性、表現の拡がりや可能性を呈示します。名和は「映像の細胞PixCell=Pixel(画素)+Cell(細胞・器)」という概念を通して、感性と物質の交流の中から生じてくるイメージを追求しています。彼は自らを「彫刻家」としながらも、私たちが、感性と物質を繋ぐインターフェイスである「表皮」の質を通して対象をリアルに感知・認識していることに注目し、その表現領域をさらに拡げつつあります。

d0086900_931231.jpg


d0086900_9313875.jpg



やはり観に行って間違いはなかった、作家『名和 晃平』個人の創作の根源と同時に

それを取り巻く一つの組織『SANDWICH』の背景。作品の一つ一つの素材の選定から

製作方法、展示会場の導線・照明計画まで彼を取り巻く一連のチームで製作される。

少なくとも会社員のような仕事ではないこちら側の人として

アートや現代作家の仕事の進め方や組織作りと組織の展望に至っても

とても興味深いものであった。

作家一個人としてだけではなく、アート・デザイン・建築・造作など

幅広いレンジで物事を捉える姿にとても良い影響を受けてきた。


1人の人にまわりがついて大きくなっていく


つづく


from YUTA
[PR]
by kingyoyuta | 2011-08-22 09:45 | azimuts