WALTZ

<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Firminy

こんにちは、昨日Firminyへ行ってまいりました。
先月行ったときは工事中でまだ入れなかったのですが今回は大丈夫でした。
d0086900_0133023.jpg

行った日がちょうどFirminyが街をあげてル・コルビジェの街としてイベントを
行っていたのでとてもラッキーでした、
d0086900_0135043.jpg

d0086900_014668.jpg

d0086900_0142281.jpg

『サンピエール教会』『青少年と文化の家』『ユニテダビダシオン』
全てを見ることができたこととそれぞれの会場で映像での紹介や案内など
多くの体験ができました。

『サンピエール教会』ではまるで星空のようなサンライトと独特の空間に
また眼を奪われてしまいます、
ここまでの施設が今年完成しその時期に居ることができたことがとても感動でした。
普通の旅行ではここまで様々なものは見ることができないのだろうと思います。

その後』『青少年と文化の家』『ユニテダビダシオン』と見学しこの街全体が
コルビジェの思想から出来ていることが多く伝わってきました、
日曜日にも午前中イベントがあるようなのでもし時間があれば参加してみたいと
思います。
d0086900_0144233.jpg


その晩はビエンナーレ会場にてパーティが開催、街中の様々な場所でイベントが
行われているのでビエンナーレ期間中はほんとに楽しい日が続きそうです。
ですが来週のはじめから2泊3日で南フランスへの旅へ出ようと思います、
行き先は『Arles』日本語で読むと『アルル』です。
古代ローマ時代の遺跡や古都の街並み、また多くの画家が愛した街としても有名です。
私の好きなゴッホの作品の景色ともなった街ですのでゆっくりと見て来たいと思います。
ではまた来週の中ほどに更新します~アビエントー
[PR]
by kingyoyuta | 2006-11-26 00:14

ビエンナーレ

ビエンナーレ開催!

久しぶりに更新致します、やっとビエンナーレが開催されました!
d0086900_23225932.jpg

手伝いは朝から晩までで毎日ヘトヘトになりながらも色んな人とたくさん知り合うことができとても楽しい時間でした。
最後の二日間はドタバタで夜中まで作業をして疲れましたがほんとに良い経験でした。
d0086900_23232454.jpg

d0086900_23234139.jpg

d0086900_2323564.jpg

三箇所の大きな会場と市内にある美術館にて開催され世界各国からの出展があり
色々と見て回りました、中には今年のパリモーターショーに出展したコンセプトカーや
日本の企業などの出展もあり毎日が楽しいです。

気付けばあと残すところサンテティエンヌに滞在する時間も一ヶ月を切りすべてのことが終わっていってしまうのが
とても寂しいですが残りの日数はもっと楽しもうと思います。

ではまた会場の様子など細々と更新していきます、ではまた~
[PR]
by kingyoyuta | 2006-11-23 23:24

ビエンナーレ準備中!

ビエンナーレ準備中!
d0086900_541191.jpg

最近旅から帰ってきてからというもの毎日ビエンナーレの準備を手伝っています。
ニコラがこの会場の指揮をとっているのでその手伝いで塗装やら設営やら
何から何までやらされています。
でも世界各国からの出展がありそれを手伝えることはとても楽しいです。
d0086900_5424197.jpg

d0086900_5434674.jpg

日本からは関西の大学が2校出展するようです、ひとつの学校からは
プロダクトデザイナー川崎和男さんが一緒に来るそうなので是非来たときには
お話しできるように頑張ります!

そんな感じで毎日朝から夜まで飯付で働いております。
休みが土日だけなので次の更新はしばらくあとになるかもしれません~。
ではでは~
[PR]
by kingyoyuta | 2006-11-14 05:43

行ってきました2

こんにちは、先日の続きを更新致します。

朝、霧が濃い中出発。
d0086900_5324598.jpg


ロンシャンを観た次の日はフランスとスイスの国境に近いBASELという街に
行ってきました。
この地はとてもおもしろいことにフランス・ドイツ・スイスの三国が交わる点に
近いことで、街の中にフランス/スイス間の駅とドイツ/スイス間の駅があること、
それに言語もドイツ語・フランス語・スイス語と特殊な言語も名前を忘れましたが
あるようでとても混乱します。
また通貨もフランス・ドイツのユーロとスイスのスイスフランが混ざり合っている
のでこれまた混乱の種になりました。
d0086900_534521.jpg


BASEL駅に9時に到着!早速国境でチェックかと思いきや何もない...。
パスポートを手に持っているものの誰もチェックに来ないのでそのまま入国、
現地通貨に両替をしいざ美術館へ...と、思わぬことに気付きました。
とても物価や移動費が高い!!びっくりしながら街を歩くとマグドナルド発見!
今はジャパニーズバーガーというものがキャンペーン中らしくメニューを外から
見ると、なんとセットが1200円!高すぎ!
もともとハンバーガーを食べる予定はなかったのでいいですが
いろんなものが日本の約2倍!フランスの約1.5倍で売られていました!
あまりの高さに話を聞くとこっちの初任給で最低約30万円はもらえるそうです...。すごい国。


d0086900_5345878.jpg

まあそんなこともありながらまずはスイス内の『バイエラー財団美術館』
『ティンゲリー美術館』など街並みやいろんなものを散策、
その後バイエラー美術館からドイツ内の『VITRA DESIGN MUSEUM』へ
スイス内でバスに乗り向かったのですが目的地がドイツなのでそのバスが
スイス内なのにユーロで支払い頭がこんがらがってきました。
次はドイツへ入国ってバスで入国?
国境で少し国境警備員がバスの中を覗くだけで通過...。あっさり本日2カ国目。
d0086900_5354877.jpg

『VITRA』は有名な家具メーカーで今回見学した一体全てが工場などのVITRA社の
敷地というすごい大きなもの。敷地内にはフランク・O・ゲーリーによる美術館など
世界中の建築家が建てたものがあり美術館と一緒に見学ガイドも申し込みました。
2時間の説明はとてもわかりやすくその空間を体感できることは本当に良い経験に
なったと思います。
d0086900_5372830.jpg


気付けばもう夕方にちかくなっています、一日中歩き回りクタクタ。
最後にドイツからまたスイスへ戻り、そして夜にはまたフランスへ戻りました。
国境という感覚は日本ではわかりませんが3カ国も集中してデザインや建築や
いろんなものが混ざり合っているこの街はとてもおもしろかったです。
まだまだ話し足りないので帰ったら皆さんにお話します。

ではでは。
[PR]
by kingyoyuta | 2006-11-14 05:38

行ってきました1

帰ってまいりました、いやいや節約旅行なので短い時間に多くのものを詰め込んで
なかなか疲れました。

まずは初日夜明け前に起床、そして出発途中LYONで電車を乗り換えてBELFORTへ
とても長かったです、約5時間半の電車移動。
d0086900_2081839.jpg

そして朝ST.ETIENNEは晴れていましたが途中ものすごい濃霧、それにこの季節で
一番の冷え込みで車窓から見える景色はどんより。

気付けばあっという間にBELFORTへ到着、約40分ほどの乗り換え時間があり
その後やっとRONCHAMPへ。電車も1両編成で乗っているのは3人だけ、
気付けばロンシャンで降りたのは私だけでした。
無人駅のロンシャンからは徒歩での移動、約30分程の登山といえるくらいの
山道を登りとうとう到着しました。
d0086900_2085118.jpg

d0086900_209542.jpg

気付けば天気はとても良くビックリするくらいの快晴でした、
ロンシャン教会の入場料は1.5ユーロで受付のおばちゃんはとても親切で
いろんなことを説明してくれます、不思議だな~と思っていたら今日観に
来ているのは自分一人でした。
久しぶりの登場です、セルフタイマーで撮影してみました。
d0086900_209306.jpg

教会内部はとてもすばらしい空間でした、薄暗く息が白くなるほどの寒さ
祭壇横の壁面の硝子には

“bliliant commes le soleil” “太陽のように輝く”
“marie” “結婚”

と書かれていました、その言葉の通り硝子を通し内部へ入る光は太陽のように
キラキラと輝きとても印象的な光でした。
その後祭壇の椅子に座ってみたり様々な角度から観察をしてとても幸せな時間を
過ごしました。
帰り道の空、こんな夕日をはじめてみました当日はとても天気が良く
とてもいい日で感動。
d0086900_209566.jpg

気付けばもう夕方になり、他に日本人が来ているのを発見。
すれ違う時に軽く会釈をすると話しかけてきました、
彼は武蔵野美術大学建築学科の安田さん。
今はスイスにいて今日フランスに来ていたそうです。
話していると明日私が行く予定だったスイスの街に彼も行く予定ということです、
それに行く美術館も同じ...
物騒な時代ですから私も相当様子を疑いながらいましたがとても話が合い
晩御飯を一緒に食べました。

宿に着き長時間の登山ととても寒かったことからヘトヘト、
シャワーを浴びて早々に就寝。
翌日も朝早くからの移動なのですぐに眠りにつきました。

翌日、朝起きるとビックリするくらいの濃霧!しかもとても寒い!
電車の時間に間に合うようにBELFORTの駅へ...。
電車に乗ると辺り一面真っ白、ちょうど今朝霜が降りたみたいで一気に
冷え込んでいました。

では次回スイス・ドイツ編を更新します、アビエントー
[PR]
by kingyoyuta | 2006-11-08 20:10

ハロウィン!

どうもこんにちは、サンテティエンヌは相変わらずとても寒い日が続きますが
毎日快晴です。学校の丘から見える景色はとてもきれいなもので写真に
撮ってみました。
d0086900_19481999.jpg

昨日の昼食はアントワーヌさんがフランスのお婆ちゃんの味らしい料理を
作ってくれました☆
しかーし、見た目がエグイ...。ほぼ黒く謎が多い料理、でも食べたら
なかなか美味しい。
d0086900_1948396.jpg

豆料理なので味は普通に豆の味なんですが、色は日本でいう“おしるこ”
みたいな感じなので見た目から想像する味と食べたときの味のギャップが
あり過ぎて変な感じでした、
でも冬になると毎年食べ栄養がある料理ということで全部頂きました。


そして昨晩はニコラに誘われ『ハロウィンパーティ』へ行ってまいりました~、
まずはニコラ宅でゆっくりお酒を飲みながら楽しく会話をして仮装の準備...?。
↓シャルロットはすごい似合うんですが...ジュリアンとニコラはひどい...。
特にニコラは変人です、写真はすこしボケていますが危ない匂いがします。
私がかつらをかぶったら普通に日本人だよねって笑われました。
d0086900_19484052.jpg
d0086900_19485439.jpg
d0086900_1949796.jpg


いざ会場へっていうか友人宅へ、いつものメンバーが勢揃いしていました。
みんな思い思いの仮装をして踊っています。
d0086900_19495631.jpg

d0086900_1951493.jpg

↓アーノルドは相変わらずファンキーです、そしてジュリアンとニコラは
違うかつらをかぶって遊んでました。やっぱりニコラは髪があると変です。
d0086900_19501781.jpg
d0086900_19503152.jpg
d0086900_19504519.jpg

ニコラとジュリアンと色んな話をしてとても楽しい時間でした。
あまりにおもしろくて写真が多くなりましたがどれもファンキーです。
では次こそ更新は来週の半ばになると思います、アビエントー
[PR]
by kingyoyuta | 2006-11-04 19:53

キマシター

こんにちは、まずはネズミの件ですが...。
未だシンクの下から出てきません、もしかしたら外出中にまた穴に戻ったのかも
しれませんが安心できないので、アントワーヌさんがネズミ駆除グッズを
購入してきました!
しかーし、ゴキブリホイホイのネズミ版というような感じで粘着質の囲いに
餌でおびき寄せるというもの。
全然効果は無く今のところネズミも姿を現しません。

そんなことは一度忘れ、先日建築家ル・コルビジェの『La Tourette 修道院』へ行ってまいりました。
サンテティエンヌを出て、リヨンで電車を乗り換え“L'ARBRESLE”へ、電車を降り30分程丘の方へ歩くとありました。
ガイドさんの案内付で館内を回らなければいけないということで1時間ほど待ち、
約2時間半のガイド☆
中へ入ると色んなところに関心、何をいっても礼拝堂はとても印象的でした。
その空間の迫力と様々な位置から光が差しとても幻想的な空間に圧倒され、
外観と内観の印象の差がとてもありました。
ガイドさんもとても親切な方で細かく身振り手振りコルビジェの考えを伝え寒い中
とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

朝リヨンは少し曇り気味でしたが雲間に陽が差してほんのり暖かい↓
d0086900_20135433.jpg


いざ教会へ、RCの外壁がその年月を感じさせる程少し老朽化していました。↓
d0086900_20141375.jpg


礼拝堂は暗く声が天井で響きスリットから入る光がとても幻想的です↓
d0086900_20142884.jpg

d0086900_20144497.jpg



帰りは晴れとてもきれいな夕日と空が出ていました、しかしとても寒い↓
d0086900_2015056.jpg


今週ははとても冷え込みフランスもとうとう秋と冬の到来のようです、私の家もとても寒くストーブが利きません。
来週はちょっと旅に出ようと思いますので次の更新は来週半ば頃になると思います。
次の目的地は、『ノートルダム・デュ・オ(ロンシャン教会)』とスイス・ドイツへ行く予定です。
ではまた更新いたします、アビエントー
[PR]
by kingyoyuta | 2006-11-03 20:16